ケミカルピーリング〜AHA

ケミカルピーリングで一番多く目にするのはおそらくAHAではないでしょうか。

 

これはアルファヒドロキシ酸という酸を使用したピーリングで、一般にフルーツ酸とも言われています。アルファヒドロキシ酸は、主にりんごやぶどうや柑橘系の果物にたくさん含まれています。

 

種類としては、りんご酸、クエン酸、グリコール酸、乳酸などで、人間の身体にとてもなじみやすく、比較的刺激が弱いということもあり、とても広く使われている酸です。

 

もう一つこのアルファヒドロキシ酸の良い点は、こびりついた古い角質を剥がしやすくしてくれる効果もあると言われています。含まれる割合によって濃度が決まり、ホームピーリングやエステティックサロンでのピーリングでは低濃度、高濃度は美容クリニックなど医療機関で用いられますが、基本的には同じ成分です。

 

特にグリコール酸はもともと人間の身体の中に存在する天然の成分で、ピーリングでもとても多く使われるアルファヒドロキシ酸の一種です。浸透性が高く、穏やかに効き目を現すので使い勝手も良いですね。

 

サリチル酸と違って水溶性なので、角質や皮脂を溶かすというより洗い流すと言ったほうが良いでしょう。よくピーリング剤は皮膚を溶かすものだと言われますが、グリコール酸はそうした強さがあるわけではありません。とてもやさしく効果の高い酸ですんで、一般に市販されているピーリング用品にもたくさん使われているのです。