ケミカルピーリング〜BHA

ピーリング剤の中でも比較的強い作用を持つのがBHAと呼ばれる成分を含むものです。

 

BHAはベータヒドロキシ酸と呼ばれる酸で、人間の皮脂にとても近いサリチル酸が主なものです。これはニキビ治療などによく使われる成分ですが、脂溶性で皮脂を強力に溶かすために欧米と違って日本ではあまり使われてきませんでした。

 

ところが、最近ではサリチル酸マクロゴールという新しい成分によりリスクが軽減され、ピーリング剤としても多く使用されるようになってきました。いままでエタノールを使っていたところをマクロゴールというものに基材を変えたものなのですが、これが安全性を高めたとしてケミカルピーリングで人気が出たのです。

 

以前のように血管に吸収されて副作用が出るようなこともなく、肌の浅い層でしっかり留まって作用してくれるので、とても安全性があがりました。ニキビ治療などにはある程度強い脂溶性の成分が必要とされますので、この開発はとても有効になりました。

 

ベータヒドロキシ酸は、ニキビの元になる角栓などをしっかり溶かしてくれるので、ニキビの再発防止にとても高い効果を現してくれます。しかもコラーゲンの生成を促してくれるために肌がふっくらするという嬉しい効果もあります。

 

ニキビ治療では、跡が残ってしまった部分の皮膚を真皮から押し上げて目立たなくするにはコラーゲンの力が絶対的に必要ですから、まさに理想的な成分です。

 

比較的赤味が出たり痛みが出たりしにくいので、ピーリングをおこなった後も回復までの時間が早くて済むというのも利点です。ただし、バリア機能が一時的になくなりますので、医師の指示に従ってスキンケアする必要があります。