ピーリングに副作用はあるの?

美容製品を使う場合は、必ず自分にとって悪影響ではないか確認しなければいけません。
アレルギー肌、敏感肌、ニキビ肌と人によってお肌の性質は違います。

 

毛穴の余分な角質を取り除き、新しいお肌への再生が期待できるピーリング方法は副作用があるのでしょうか?今回はピーリングの副作用について調べてみました。

 

乾燥肌はより乾燥が目立つことも…

ピーリングは角質に刺激を与えることになり、角質の水分を保持する力が一時的に失われることもあります。普段、乾燥肌の人は乾燥がより気になるようになってしまうこともあるようです。しかし、これも一時的な状態です。
ピーリングをした後に、保湿力が高いクリーム等を塗ると保湿力が高まりますよ。

 

また、ピーリングジェルの中に保湿成分や美容成分などが含まれている商品もあります。乾燥肌の人は保湿という部分にも気を使ってお肌のケアを行っていく必要があります。

 

ケミカルピーリングは強力…

自宅で簡単にピーリングを行うことが出来るケミカルピーリングのピーリング剤はとても成分が強力です。お肌の角質を落とすピーリング剤には様々な成分が含まれています。

 

レーザー光で使うジェルよりも協力なピーリング剤が含まれているため、お肌が弱い人は荒れてしまう場合もありますし、レーザー光よりもケミカルピーリングで使う商品は効果が強いのでお肌が赤みを帯びてしまうケースも少なくありません。

 

もし、人よりも敏感肌や乾燥肌だと思うならばケミカルピーリングよりも安全性が高い、レーザー光でのピーリングをお勧めします。ピーリング剤をする時は、どのような成分が入っているのかしっかり確認して使って下さい。