ピーリングの効果〜小じわ対策

ピーリングで小じわまで対策出来るとなると、かなり期待してしまいますよね。

 

でもこちらも残念ながら、対策可能な小じわもあれば、対策不可能なものもあります。
どういった小じわなら可能なのか、調べてみましょう。

 

ピーリングで治せる小じわ

笑った時に目元などに出来るちりめんじわなどは、比較的浅い部分にあるしわです。

 

乾燥が原因だったり、加齢によるコラーゲン産生量の低下が原因だったりしますが、老け顔の始まりですので常に気をつけておきたい場所ですね。ちなみに笑った時にだけ出来て、普通の時には消えているのであればあまり問題はありません。

 

ちりめんじわは、常にその小じわが取れなくなった状態です。

 

ピーリングすることで化粧水が浸透し、肌の保水能力が向上したり、真皮層のコラーゲン量が増えてくれれば、元のようなふっくらした目元に戻せる可能性があります。

 

ピーリングで治せない小じわ

部位は特定出来ませんが、とにかくしわの深さがかなり深く刻まれてしまっている場合、ピーリングではいかんともしがたい状態です。

 

もっとも、こうしたしわはすでに小じわとは言えませんね。

 

深いほうれい線などは典型的な例ですし、額に出る横じわや、みけんに刻まれてしまった縦じわなどは、一生懸命ピーリングしても改善は難しいでしょう。

 

じつはこうした深いシしわは、すでに真皮層から出来ているしわなのです。

 

ピーリングでも真皮層のコラーゲン生産をある程度は刺激出来ますが、残念ながらそれくらいでは追いつかないので、本格的なレーザー治療などを必要とするしわになります。

 

ただし目元にはかなり注意!

「目元のちりめんじわなら消せるんだ!」と喜んでもいられないのが、ピーリングを行うのが非常に難しい部位だからです。ピーリング剤の取扱説明書にあると思いますが、肌の薄い部分や粘膜の近くには使ってはいけない製品も多いでしょう。

 

目元やクマ対策に使えるものもあるかもしれませんが、間違って目に入るようなことの無いよう、充分に気を付ける必要があります。