ピーリングの効果〜ニキビ跡やニキビの予防対策

ピーリングでニキビ跡やニキビの予防対策をしている美容クリニックも多いですね。

 

クリニックによっては、ケミカルピーリングはニキビ関連治療のゴールデンスタンダードだとしているところもありますから、専門知識と確かな技術があれば対策可能と言えそうです。

 

ただし自分で自宅で行う場合には逆効果の場合もあり、注意も必要です。

 

ニキビの予防と跡対策

ピーリングには、肌のキメを整える効果もあります。

 

過剰な皮脂の分泌を抑える効果もあるので、そうしたことが原因で繰り返し起こるニキビや吹き出物に悩んでいる人は、一度根本的に肌をリセットするためにピーリングを実施するのも確かに効果があるでしょう。

 

ただし、自宅で自分で行うピーリングと美容クリニックで行うケミカルピーリングとでは結果が異なりますし、自分で行った場合、皮むけといった副作用が起こる場合も考えられるので、ピーリング剤のチョイスには慎重になる必要があります。

 

また、ニキビが起こっているのがターンオーバーが遅くなっていることが原因なら効果的ですが、もし肌が弱っていてターンオーバーが早まってしまっているような場合には逆効果です。ピーリングで効果を出すには、自分の肌の状態が本当はどういう状態なのか、しっかり分かっている必要があります。

 

ピーリングだけでは治らない場合も

ニキビは人によって重さが異なり、なかなか治療が難しい場合には抗炎症作用のある内服薬などを飲んだり、ホルモンバランスを整える薬を使ったりしないとうまく治らない場合もあります。あまりピーリングばかりを過信するのは良くありませんね。

 

身体の中から治さなければいけないような難治性のニキビの場合には、専門の皮膚科で治療を行う必要があります。自己判断で肌を悪化させるのは危険ですね。

 

自宅でもケア可能なニキビ跡とは

ニキビ跡で茶色の色味が残っているタイプは、ピーリングでケア出来る事も多いです。

 

2年から3年すれば自然に消える場合もありますが、長くかかると消えにくくなる場合も多いので、定期的にピーリングを行うことで早く色素を追い出してしまうと効果的です。