ピーリングの効果〜シミ対策

ピーリングでシミ対策をする場合は、効果がある場合とない場合とがあります。
どういうシミには効果があって、どういう場合は行っても意味がないのでしょう?

 

ピーリングで効果のあるシミ

ピーリングによるターンオーバーの正常化で消せる可能性のあるシミは、老人性色素斑と言われるシミです。これは一般的に多く見られるシミで、ほとんどの人の悩みのタネになっているものですね。

 

原因は紫外線で、もし出来たのが軽いものであれば、目立たなくさせるのには効果があります。色が薄く、皮膚の浅い部分に出来たものであればケアも可能でしょう。

 

同じく、虫に刺されたり、こすれたりして炎症が起こったものも、浅い部分なら早くキレイにすることも可能な場合が多いです。

 

ピーリングで効果が無いシミ

ピーリングでもどうしようもないのは、肝斑と雀卵斑(じゃくらんはん)、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)です。肝斑は女性ホルモンの影響とも言われているもので、トラネキサム酸が効果を発揮すると言われています。

 

雀卵斑はいわゆるそばかすで、これは先天的な遺伝と言われています。
老人性疣贅は、黒いイボに進化してしまったシミです。

 

こうしたものに一生懸命ピーリングを行っても、色素が排出されることはありません。また、太田母斑のようにターンオーバーをしない真皮層に色素があるものにも残念ながら効果はありません。

 

美白化粧品との組み合わせがベスト

実はピーリングはそれ単体よりも、美白化粧品との組み合わせが高い効果を表します。

 

というのも、肌表面の古い角質がピーリングによって取れると、美白成分が肌へ浸透しやすくなるからですね。ピーリングだけで剥がすようにシミの色素が取れれば良いのですが、やはりそう簡単にはいきません。

 

美白化粧品も時間をかけてゆっくり効き目を現すものですから、じっくり腰を据えて美白へ取り組むほうが良いでしょう。また、ピーリングのやり過ぎは、肌への強い攻撃となって、新たなシミを作る原因にもなってしまいますので注意が必要です。