ピーリング石鹸

ピーリングというと、薬剤を顔に塗って皮膚を溶かすというイメージがありますが、最近では石鹸も人気が高いです。石鹸の良いところは手軽だということと、洗い流しやすいということもあります。石鹸なら女性だけでなく男性でも抵抗なく使いやすいということもあって、一家に一個置いておくには良いかもしれません。

 

一般のドラッグストアなどで販売されている家庭用のピーリング石鹸は、酸の濃度が低いので、通常の石鹸よりもよく落ちる石鹸というくらいの意識で使えるのも良い点です。使うと肌に透明感が増して、肌触りがつるつるになるのでお気に入りという人も多いですね。

 

使い方のコツとしては、よく泡立てたピーリング石鹸を顔に塗布して、しばらく肌の上へ置いておくという方法があります。入浴時などに顔を洗ってしばらくそのままにして、その間に身体を洗って最後に一緒に洗い流すという方法も便利ですね。

 

ただし、目の周りや口の周りなどはつけないようにしてください。

 

また、皮膚になんらかの刺激を感じたり、少しでもピリピリした感じがあったらすぐに洗い流してください。顔の皮膚はとにかく刺激は厳禁ですので、十分気をつけてくださいね。

 

ピーリング石鹸は成分がとても軽いとは言え、やはり酸に違いはありません。

 

美容クリニックによっては、塩のパウダーを使ったピーリングなども行われていますが、塩であれば刺激がないので自宅でも粗塩と洗顔料を合わせて簡易的に行うことも出来ます。ただスクラブに近い状態になるので、こちらもこするのは厳禁。

 

粗塩で軽く顔をピーリングした後で石鹸で洗い流すと、意外にスッキリしますよ。