ケミカルピーリング〜TCA

ピーリング成分の中でも最も深い部分へアプローチする薬剤が、TCAです。

 

TCAとはトリクロール、もしくはトリクロロ酢酸と呼ばれる成分ですが、これは医療用に用いられるケミカルピーリングでしかお目にかかることはないと思いますので、ホームピーリングをしている人はあまり機器馴染みがないかもしれませんね。

 

このトリクロロ酢酸は、ニキビ跡のように陥没してしまった肌をよみがえらせるために肌の深部へアプローチして、コラーゲンの生成を促進するというはたらきを持っている成分です。同じく深く刻まれたシワの対策にも効果を発揮すると言われています。

 

真皮にまで達するので、日本でも医療機関以外ではあまり取り扱われることはありません。
ただ、種類によっては耳にしたことがあるかもしれませんね。

 

ジェスナー液、レチノイン酸(トレチノイン)、フェノールなどがその種類で、特にフェノールはきいたことがある人もいるかもしれませんね。フェノール酸は医療機関で行われる深部のピーリングで使われる場合があり、主に皮膚科のやけど治療などで使われます。

 

ひどい巻き爪を焼く時などにも使われる場合がありますね。濃度にもよりますが、激痛を伴いかさぶたが出来るほどの劇薬ですので、あまりピーリングに使われることはないでしょう。

 

ケミカルピーリングというのは、薬物を使って肌にはたらきかけるという治療です。濃度を薄めていけばいくほど日常生活で使えるような製品になるわけですが、もともとはとても強い薬品であることを忘れてはいけませんね。